ペット火葬をするときの注意点や行い方・準備の仕方などについてご紹介します

ペット火葬を行うためには、いくつかの必要な準備があります。
ペット専門の葬儀社に依頼を行って対応すれば気になる点などについて提案してもらったり、配慮してもらうことも出来ますがまずは自分で一通り知っておくことで後の公開になることが少なくなるのです。
特にお別れする最後の機会でもあるので、写真などの記録に残したり遺骨になった後も度のように供養していくか迄を考えることで最愛のパートナーも安らかに眠れることでしょう。

ペット火葬をするときの注意点や行い方・準備の仕方などについてご紹介します

ペット火葬では写真を撮るための撮影も重要ですが、それ以上に重要なのがペットが長年愛用していたものをどうするか考えることです。
愛用していたものをペット火葬に含めることも可能ですが、注意点としては金属類はNGということです。
ペットフードなどは可能な一方で、缶詰などは一緒に火葬で期なので注意が必要です。
また愛用品を手元に置いて、位牌と一緒に飾ることも思いをはせるのに有効なので、一緒に入れるもの入れないものを仕訳けることも重要になります。

ペット火葬で行う主な内容とやること

ペット火葬でやることは人間の火葬と大きな違いはありません。
しかし多くの場合、人間よりも内容が簡略化されており、何を行うかは火葬場やプランによって異なります。
ペット火葬も遺体を処理するだけでなく、お別れの場です。
火葬をする前に僧侶がお経をあげてくれることも珍しくありません。
棺に入れることもありますし、飼い主が持ち込んだダンボールで代用することもあります。
そこにはペットが生前好きだったおやつや玩具、お花などを入れるのが一般的です。
ペットが寂しい思いをしなくてすむように、にぎやかな雰囲気にしてあげるのがいいでしょう。
ただし棺に入れていいものには制限があります。
金属やプラスチックのものは溶けてお骨を汚してしまうおそれがあります。
火葬場のスタッフが入れてくれるものを教えてくれますが、明らかにダメなものは事前に省きましょう。
ペット火葬が終わったらお骨拾いをします。
みんなでていねいに拾って供養しましょう。

ペット火葬をする上での最低限の準備

家族として一緒に生活してきた大切なペットが亡くなってしまったら、辛くて何も手に付かないという方もペット火葬をする上で最低限の準備を行う必要があります。
ペット火葬を依頼する先は民間や自治体、出張火葬サービスがあり、告別式など特別なセレモニーを行うなら民間に依頼し、遠くまで行けない場合やお別れは自宅で行いたいなら出張火葬サービスに依頼します。
自治体ではペットの亡骸は一般廃棄物に分類されてしまうため、扱いが雑になってしまう可能性が高いです。
自治体によっては動物専用炉を用意している地域もあるので、市区町村のホームページで確認しましょう。
依頼先が見つかったら、お別れに向けの準備として棺に納める花や大好物のご飯やエサ、思い出の写真や手紙、ぬいぐるみやおもちゃを用意します。
ただ金属やプラスチック、化学繊維は一緒に火葬出来ない場合もあるので入れてよいのか事前確認が必要です。
またプランによっては遺骨が返却されない場合や、遺骨は自宅に持ち帰るかペット霊園や墓地に納骨するかは最低限でも決めておきましょう。

ペット火葬にかかる費用の値段とその費用の使われ方

ペット火葬にかかるかかる費用はいくらくらい必要なのか、重要になってくるのではないでしょうか。
しっかりと葬儀を行って供養してあげたいものの、やはり値段が張るようだと経済負担が無理ない程度に抑えておく必要があります。
ここではペット火葬はいくらくらい必要になるのかなど値段について解説していきます。
そもそもペット火葬は2種類の設備があり、価格が変わってきます。
例えば合同火葬の場合と個別火葬の場合で費用が変わってくるのです。
そして設備・プラン・体重でも変動してきます。
小動物の場合、例えばハムスターなどは8500円ぐらいになります。
次に一般的に多い小型犬などが該当する5㎏未満の動物は、22200円となっています。
そこで高くなっていきますが、とても上がるわけではないのが嬉しい点といえるでしょう。
安い金額ではありませんが、やはりペットを厳かに天国にお見送りしてあげるには是非ここはかけてあげたいところといえそうです。

ペット火葬をするメリットとデメリット

ペット火葬の長所と短所をそれぞれ3つずつ紹介します。
1つ目のメリットは、業者に合同火葬を依頼した場合、飼い主はほとんど手間がかかりません。
ほとんどの作業は業者がやってくれます。
2つ目は、ペット火葬を他のペットとともにすることで寂しくないと感じる場合もあることです。
3つ目は、霊園でペットを亡くした同じ境遇の方と出会い、感情を共にする機会ができるかもしれないことです。
1人で悲しむのはつらいので、悲しみを共有できると気持ちが軽くなるかもしれません。
デメリットはまず、合同火葬ではご遺骨が飼い主のもとに返らないことです。
完全にお別れとなってしまうので、事前にしっかりとお別れを言っておくことが重要です。
しかし、個別火葬であれば拾骨ができる可能性があるので、そちらを検討してみても良いかもしれません。
2つ目はお金がかかることです。
個別火葬は特に費用が高くなるので、金銭面についても考えながら検討すると良いでしょう。
3つ目はペットの大きさに制限があることです。
どこに依頼するかにもよりますが、何キロ以上のペットなど、大きい場合は火葬できないことがあるので、事前に調べておきましょう。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の準備

ペット火葬を行うためには、いくつかの必要な準備があります。ペット専門の葬儀社に依頼を行って対応すれば気になる点などについて提案してもらったり、配慮してもらうことも出来ますがまずは自分で一通り知っておくことで後の公開になることが少なくなるのです。特にお別れする最後の機会でもあるので、写真などの記録に残したり遺骨になった後も度のように供養していくか迄を考えることで最愛のパートナーも安らかに眠れることでしょう。

Search